2009年06月21日

外為オンラインFX(外国為替証拠金取引)を利用中!

外為オンライン FX(外国為替証拠金取引)の口座を最近開設しました。今までは、イーバンク銀行で外貨預金を利用して差益を得ていましたが、小額ですが順調にプラスが続いていたので、FXの勉強も含めてすることにしました。

私は、10万を外為オンライン口座へ入金しており、レバレッジ50倍から始めています。今のところ毎日順調に増えています。日々楽しみながら運用しています。一日約1時間程度パソコンへ向ってFX取引しています。

『外為オンラインの特徴』
口座数10万口座を突破したそうです。

■取引手数料:0円
■固定スプレッド:ドル円1銭(※著しい流動性の低下及び相場急変時においてはこの限りではないそうです。)
■最高水準のスワップ金利
■レバレッジ:50倍、100倍、200倍のコース(1倍〜約200倍の範囲にわたってレバレッジを選択できます。)
■初回入金:5,000円〜
■信託保全:あり (信託銀行に信託している)
■キャンペーン:現在、外為オンライン口座開設で5,000円キャッシュバック中
ただし、下記の条件があるようです↓
1.外為オンライン取引口座を新規開設
2.初回入金額として10万円以上を入金
3.お取引を1回以上

もちろん口座開設費用・口座管理費用は無料です。

『なぜ、外為オンラインを選んだのか?』

まず、有名だったこと。初心者に良さそうだったこと。手数料が0円。信託保全あり。スプレッドが低い。キャンペーン中でありキャッシュバックがあることなどが決定した理由です。

もしシステムトラブルなどがあった場合に困るので、FXに慣れてきたら、他社のFXをもう一つ補佐的なものとして開設しようと考えていますが、今のところメインは、外為オンラインにする予定です。

また、FX、株などはリスクが高く抵抗があるという方は、ネット銀行などを利用して外貨預金を預けたり戻したりすることにより、差益などを得る方法も良いのではないかと思います。

私は、株取引もしていましたが、FXの方が私には合っていそうです。株取引は、50万が25万以下になったので、当初半分以下になったら辞めようと決めていたので、今は株取引は中止しています。FXを中心にする予定です。

※あくまで、ここに書いたことは、私の考えですので色んな方へお聞きしたり、ご自身でリスクがあることを理解した上で、FX業者を比較検討し自分の投資方法や投資金額、投資スタイルにあったFX会社を選択しましょう。

外為オンラインのホームページへ

ブログランキングに参加中です。クリック応援お願いします!  →  人気ブログランキング


posted by 森の人 at 11:08 | Comment(1) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年09月20日

ジャパンネット銀行(Japan Net Bank)

ジャパンネットバンク(japannetbank)


高いセキュリティーのジャパンネット銀行(Japan Net Bank)


約2年前にジャパンネット銀行の口座を開設しました銀行

私は、手数料が安いのでプロバイダ料金の支払いとしてこのジャパンネット銀行を使用中です。ヤフーオークションで落札商品の送金先の銀行としても使用を予定しています。ジャパンネット銀行では口座維持手数料は、105円/月、提携ATM利用手数料が有料です。ただし、ある一定の条件を満たした場合は、無料になります。

口座維持手数料 189円/月 (2006年10月1日現在)・・・追記

例)前月中の預金平均残高(定期預金含む)10万円以上で口座維持手数料が無料になります。

利用する予定は今の所ありませんが、JRA 即PATに申し込みできるようですよ。

即PAT(ソクパット)について

最近、セキュリティーが強化されました。ワンタイムパスワードといって上記画像の右下に写っているトークンというものを利用したユーザー認証方式を採用しています。

トークンに番号が表示されており一定の時間が経過すると番号が変わります。番号を盗まれたり、推測される心配がありません。さらに二要素認証という認証システムを利用することにより安心安全なネット銀行銀行

安心してジャパンネット銀行を利用出来ますわーい(嬉しい顔)

ジャパンネット銀行の他に、ソニーバンクイーバンク銀行の口座も開設しています。

ジャパンネット銀行のホームページへ

口座維持手数料について

ブログランキングに参加中です。クリック(応援)お願いします!  →  人気ブログランキング




posted by 森の人 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月23日

株投資はイートレード証券(ETRADE Japan)

E*トレード証券(イートレード証券)は、約1年前に口座を開設しました。まだまだ、株投資の初心者です。

株投資は、50万から始めています。株取引を始めようと思った動機は、経済勉強と株取引を楽しむことでした。

2年程前から株取引をしてみようと貯金とは別にその分の資金を少しづつですが貯めていました。この株取引用のお金が、もし50万が25万になった場合は、株取引を辞めようと決めています。
また、50万が少ないからといって株取引用の資金の追加は絶対にしないと決めています。50万を使って株取引を楽しみながら少しでも自分の保有株の株価が上がればうれしいです。

『イートレード証券の特徴』
イートレード証券は、業界最安値クラスの手数料体系で2006年1月25日に口座数100万口座を突破したそうです。
イートレード証券の口座数は、2006年1月末現在 オンライン専業証券No.1を誇ります。多くの方に利用されているようですね。
もちろん口座開設費用・口座管理費用は無料です。

スタンダードプラン (現物)の手数料

1注文の約定代金 手数料(税込)は次の通りです。(2006年2月現在 )
 〜50万円 450円(472円)
 〜100万円 800円(840円)
 〜150万円 1,000円(1,050円)
 150万円超〜 1,500円(1,575円)

『私が思うイートレード証券を開設するのに向いている方』
  • どちらかというと投資初心者の方
  • 一日に頻繁に売買をされない方
  • 投資を勉強しながら始めてみたいという方
  • 手数料が安く、サービスもほどほどに充実していた方がいい方。
  • 取扱商品が比較的に幅広く取り扱っている証券会社を望む方。

    また、イートレード証券だけでなく複数の証券会社に口座を開設した方がいいと思います。
    イートレード証券を売買専用にし、野村證券などで投資情報を得るという使い方も良いでしょう。

    ※あくまで、私の考えですので色んな証券会社を比較検討し自分の投資方法や投資金額、投資スタイルにあった証券会社を選択しましょう。

    E*トレード証券(イートレード証券)のホームページはこちら


    続きを読む
  • posted by 森の人 at 01:04 | Comment(2) | TrackBack(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2006年01月07日

    イーバンク銀行(eBANK)

    イーバンク銀行(eBANK)のカード(ニコス)


    イーバンク銀行(eBANK)


    約1年前に口座を開設したイーバンク銀行のカード(ニコス)です。

    このカードは、「キャッシュカード機能」と「クレジットカード機能」の両方の機能がついた便利なカードです。手数料については、発行手数料・年会費無料、ATMATM入金手数料無料、さらにセブン銀行ATMATMからの出金が無料、郵便局ATMからの出金が月5回まで無料です。

    私は、ヤフーオークションで落札商品の送金先の銀行として使用しました。ネットで貯めたポイントの現金化用の口座としても利用の予定。イーバンク銀行では口座の維持費が無料で、普通預金や定期預金の金利も高く設定されています。

    今の日本は低金利ですが、金利が比較的高いので定期預金口座としても利用しています。

    また、ショッピングサイトの中には、イーバンク銀行を限定又は推奨しているサイトが数多くあり、イーバンク銀行の口座への振込みを、手数料無料で行ってくれます。

    イーバンク銀行の他に、ソニーバンクとジャパンネット銀行の口座も開設しています。

    ネットバンクを利用する目的を明確にして銀行を選択した方がいいと思います。きっと自分に最適の銀行が見つかるはずです。

    イーバンク銀行のホームページTOPへ

    イーバンク銀行の口座開設ついての詳細ページへ
    続きを読む
    posted by 森の人 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2005年12月11日

    ソニーバンク(SONY BANK)

    ソニーバンク(SONY BANK)カード


    ソニーバンク


    お薦めの銀行の一つ、昨年口座開設をしたソニーバンクのカードです。デザインの種類は3種類から選べます。ソニー株式会社出資のネットバンクです。

    外貨預金をされる方には大変おすすめの銀行です。口座維持手数料はもちろん無料、為替コストが非常に割安です。

    通常の銀行では米ドル片道1円のところが、ソニー銀行は片道25銭です。さらに、年に数回キャンペーンを行っており、そのときは米ドル、ユーロともに片道10セントと大変お得な為替コストになります。指値手数料についても大幅な割り引きがあります。
    外貨キャンペーンのときを利用して外貨普通預金を出し入れして為替の差利益を得るようにしています。

    今もキャンペーン中で2005年11月7日(月)午前8:00から2006年1月28日(土)午前5:59まで外貨キャンペーン中です。

    ソニー銀行はインターネットでの資産運用を重視した銀行となっており、MONEYKitというツールをネット上で利用することが出来ます。これは、資産運用をサポートするサービスです。このサービスを利用することで、簡単に資産状況の確認・分析ができるようになっています。

    ソニーバンク(sony bank)のホームページへ<br>

    ブログランキングに参加中です。クリック応援お願いします!  →  人気ブログランキング

    posted by 森の人 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする