2006年02月08日

無印良品の布張り座いす(ベージュ)

無印良品の座椅子(上)  無印良品の座椅子(横)


無印良品の布張り座いす(小)ベージュ


この前の日曜日に無印良品で購入した座椅子です。

  • サイズ:幅47×奥行67.5×高さ50cm(フラット時:幅47×奥行101×厚さ11cm)
  • 価格:6300円(税込み)
  • リクライニングは5段階で調節可能
  • ウレタンフォーム 側生地:綿100%

    無印のパイン材の低い折りたたみテーブルの愛用のDELLノートパソコンに向ってキーボードを打っていると肩や腰、お尻が疲れます。少しでも負担がかからないようにしたいと思って以前から座いすを購入しようと思っていました。

    買ってすぐ使っていますが、パソコンの作業が大変楽になりました。座り心地がよく大きさも丁度いいです。色も部屋にあるソファーと合っていて満足しています。

    自動車車(RV)のシートなどに採用されている座り心地と耐久性にすぐれたチップモールドウレタン(高品質ウレタンチップ)を使用しているようです。

    ※チップモールドウレタンとはリサイクルウレタンを圧縮して作った環境にも優しく丈夫で長持ちのウレタン。

    ※実際の色は、上の画像の色より少し濃いめです。

    【無印良品の座椅子の関連サイト】

    現行の無印良品の座椅子(大)の詳細を見る

    無印良品ネットストアのホームページへ


    【当ブログの無印良品の記事関連】

    子供用の色鉛筆とノート
    子供靴・合皮軽量スニーカー(オフ白) ・・・ 小さくなって履けなくなりました!
    ボーダー柄のスリッパ ・・・ 春・夏・秋用の来客用として!

    ※その他にもたくさんの無印良品を愛用中です。シンプルなデザインが気に入っています。


    ※ブログランキングに参加中です。クリック応援お願いします!  →  人気ブログランキング

    『ちょっとした注意点とアドバイス&情報』

    買ってから気づきましたが、カバーは、張り込みの為、取り外し&洗濯はできません。その代わり、張り込みによりフィット感と耐久性があるようです。

    張り込みタイプは、駄目という方は本体とカバーが別になっているタイプの購入をお薦めします。ただ個人的には、張り込みタイプがいいように思います。

    また、旧タイプの無印良品の座椅子に比べて新タイプの座椅子は耐久性が高く、長く使用することによりカバーとの摩擦によるウレタンの劣化もこの座椅子は改善されたようですよ。

    【使用した経過観察】

    2006/05/19現在 クッション性は、まだへたっていません。まだまだ大丈夫そうです。


    2007/05/26現在 購入して1年4ヶ月くらい経ちましたが、まだへたっていないようなので、まだまだ使えそうです。最近カバーを洗濯しました。


    2009/07/30現在 購入して3年半くらい経ちました。中の緩衝材がへたってきました。そろそろ買換えを考えています


    2010年現在 購入して約4年経ちました。中の緩衝材がへたり、中の金属の部分が当たり座り心地が悪くなりました。使用状況にもよりますが、約3年〜4年くらいが寿命ということでしょうね。6300円で購入しましたので、十分活躍していただきました。



    ブログランキングに参加中です。クリック応援お願いします!  →  人気ブログランキング

  • posted by 森の人 at 00:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    はじめまして、ホリと申します。私も座椅子に座ってパソコンを利用していますが、いつも安物(ホームセンターで2500円程度)を買ってしまうため座椅子の金属のパイプが露出してきてしまい、すぐにすわり心地が悪くなってしまいます。無印の座椅子はそういった耐久性も優れているんですかね^^;?
    値段も安いので参考にさせてください。
    Posted by ホリ at 2006年02月08日 15:41
    ホリさん コメントありがとうございます。
    私が以前(何年も前)使っていた座椅子も、金属のパイプが露出してしまい、駄目になりました。無印の座椅子は、ウレタンの厚みがあるので、耐久性も優れているはずですよ。使いながらその辺は確認してみようと思います。
    Posted by 森の人 at 2006年02月08日 17:28
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバック